Works
事例

Shop ショップ・ショールーム

SEN & GALLERY

showroom

kitahama,OSAKA / 2013

http://www.tomocotagawa.com

iF DESIGN AWARD 2017 “Interior Architecture” design excellence 受賞

GERMAN DESIGN AWARD 2016 “Excellent Communications Design - Interior Architecture” Winner 受賞

Constructor:ie Koubou

Logo/Signage Design:Manabu Masuda│a-t-n

Photos:Yohei Sasakura│Sasa-no-Kura-Sya

read more

関西を拠点に活躍する服飾作家・田川朋子によるファッション・ブランド「川・SEN」のショウルームである。

四角の布を切り刻むことをせず、ねじり、縫い合わせるだけで立体造形的な服創りをするブランドで、「時代の流れに関係なくとうとうと流れているもの、そういう不変的な服であること、人が動いてはじめて美しい服となること」をテーマに生み出される衣服は、身体に寄り添い、纏わりつき、形をつくる。

この空間は、生み出された衣服をただ並べて販売するための場所ではなく、「衣服は、人体(有機質)と空間(無機質)の間に存在し、双方を繋ぐもの」というコンセプトの基に、「人」と、人が生き暮らす為に不可欠な要素である衣食住のひとつ「衣」の関係を、考察・実験・実践するための空間である。

上記コンセプトに基づき、空間は無垢、無彩色といった無機質な素材のみで構成した。

空間をうねるように縦断する間仕切り壁はLGSの連子壁とし、大きなカーブはブランドネームでもある川の流れに見立てた。エントランスを入って正面のステージを結界に見立て、シーズン毎のアイデンティティとなる衣服を纏った「ディーバ」として配置。ガス管をワイヤーで吊ったハンガーや、ブロックと透明ガラスで組まれたテーブル什器には地下のアトリエで生み出された出来たてホヤホヤの新作が真っ先に並べられる。

ギャラリーでは田川と共鳴するアーティストやクリエイターによるジャンルを問わない展示やセッションが行われる。

空間の真ん中に鎮座する、天井からワイヤーで吊るしたLGSで構成されたカウンターテーブルは、ホストとゲストを分け る方向性を持たず、密接でクリエイティブなコミュニケーションが生まれる場所として機能する。

ショウウィンドウには、衣服が繋ぐ有機体の普遍のアイコンとして五葉松盆栽を添えた。

This is a showroom/gallery for the fashion brand "SEN". "SEN" was started by fashion designer Tomoco Tagawa who is established and works mainly in Osaka.

The brand concept is a flow with fluency, regardless of the trend of the times. This can be provided by not cutting into materials but to create form by twisting and stitching.

This space is not just place to sell clothes but place which presents between (organic) space (inorganic) human body, connecting the two sides" and, one of the food, clothing and shelter is an essential element for the "people", people live life "it is a space for discussion, experiment, and practice, the relationship of clothing. "

Based on the above concept, it was composed of only inorganic material which is solid, and achromatic color space.

Curved LGS wall represent and creating space which reflects the title of the brand "SEN",

There will be special identity shown on the entrance area which will be replaced and changed every season.

New season items are made in the basement and will be shown on bespoke furniture using the table and hanging system. The space can also be used for events such as collaboration talks with Tagawa, artists and creators.

LGS table is located in the central position, this is to the dissolve barrier between customer and retailer. This gives an opportunity to provide space for discussion with drinks and food.

At the show window, we have placed a Bonsai Tree as an icon for universality of organic material clothes.

photo rugger “SHOP”

D.T.P.shop

hirakata,OSAKA / 2014

Construction Company:ie Koubou

Logo/Character/Signage Design:Hevio Tamamura

Photo:Yoshikazu Inoue | Inoue Photo Office inc.

read more

マイナー、メジャー問わず国内外の様々なミュージシャンを撮影し、劇団維新派や葉加瀬太郎のオフィシャル・カメラマンも務める写真家・井上嘉和氏が家業で営むDPEショップに、井上氏率いる撮影チームのオフィス機能を加えたリニューアルのための設計である。

大阪の郊外・枚方市駅の目の前という立地で約40年前に創業した元々の店舗は、駅前ということもあって人の往来は多く、地域の人々が気軽に立ち寄り世間話を交わしながら、フィルムの現像から証明写真撮影、そしてハレの日の記念撮影まで、まさにコミュニティに根付き、老若男女問わず愛されるお店であった。DPEショップとして既存の顧客を離さずに、尚且つ時代の最前線の仕事を采配・処理する写真家のヘッドオフィスとして、両立する空間であることを前提としてデザインを行った。前店舗よりフロントにはドアやガラス等は無く、常にフルオープンの状態になっている。客と店との間に仕切りを設けないことによって気兼ねなく店内に入って来れるようにというそのスタイルをリニューアル設計でも踏襲した。エントランスより店舗奥に向かってグラデーションを重ねるように立つ間仕切り壁を入って行くと、先ずディスプレイコーナーとセルフプリントコーナーがあり、ここではパソコンを操作しながら思い思いの現像をすることが出来る。レジカウンターの後ろは証明写真撮影ブースとなっており、プロのカメラマンが撮影するクオリティの高い証明写真が簡単に出来る。その奥がカメラマンチームのオフィスゾーンとなっており、カメラに記録された全ての画像がここで焼き付けられて、モノとして質量を伴った「写真」が生み出されていく。

天井はスケルトンに吹き付け塗装、壁面は既存タイルに塗装、間仕切り壁はMDF表し仕上げ。レジおよびディスプレイ周りの壁面は黒板塗装とした。ロゴおよびキャラクター、サイン類は気鋭のイラストレーター・玉村ヘビオ氏によるデザイン。

内外のクリエイター達から絶大な信頼を得る写真家が運営する、この僅か6坪(約20m²)ほどのスペースからは、「写真」にまつわる様々な表現が日々、続々と発信・提供され続けている。

Yoshikazu Inoue is a photographer who works in Japan and internationally, on small as well as major projects. His work focuses on a variety of musicians, including famous violinist Taro Hakase and Japanese contemporary musical studio, Ishinha.

This unique renovation project will provide a new office mechanism for Inoue's studio team, as well as his main work of Development-Printing-Enlargement (DPE).

The building was originally built in early 1970 in Hirakata, a suburb of Osaka. The location offered a great opportunity for locals, becoming a part of their lives whereby the studio became a place to take photos for special occasions. There were no barriers in terms of age and sex.

The main focus of the design was not to lose existing customers at DPE shop, while at the same time providing a space as the head office for photographers.

For the new proposal, the front of the shop is fully open, there are no doors or windows. This is a new style in comparison to the old shop, and provides complete openness between the shop and customers.

Along the entrance through the gradient partition, there is a space for a self-printing machine and display corner, computers are also provided to adjust any photos.

There is a photo booth behind the register in order to provide aspace where professional photographers can take better quality photos.

Beyond this area, there is an office space for the camera crew. This is the heart of the office where data from cameras is printed into photographs.

The structures around the ceiling area are exposed, existing wall tiles are painted and partition walls are made out of MDF. Register Counter/Cashier worktop area is painted in Black.

The logo including the character and signage illustrations are designed by Hevio Tamamura.

It is only approximately about 20m2, but works of Inoue’s can be seen day-to-day,

jumble soup

jeneral store

ibaraki,OSAKA / 2009

大阪府商店照明コンクール 2010:大阪府知事賞 受賞

Constructor:REAL WORKS

Iron work:Masanobu Hanazato│LOOP various metal art

Signage:Hakase Yamashita

Fixtures:Akiyuki Sairyo | WEDGE

Photo:Yuko Tada ( Exterior )

mougins[:the viewing room]

inshop gallery ibaraki,OSAKA / 2011

Fixtures:Akiyuki Sairyo | WEDGE